イメージ画像


自律神経の失調を整え、自己治癒力を高める

漢方薬,効果 更年期障害の治療法として、ホルモン補充療法以外によく用いられているのが漢方療法です。

ホルモン補充療法は、ホルモンの分泌量が減ったことが原因で起こる更年期障害を改善するために、 ホルモンを補うことによってホルモンバランスを整える治療法です。

一方の漢方療法の場合は、ホルモンを補うのではなく、ホルモンが減った状態に体を慣れさせることを目的としています。

ホルモン補充療法は副作用が気になる方も多いと言われていますが、漢方薬の方が副作用は現れにくく、現れたとしても軽くて済むというメリットがあります。

また、乳がんに罹った方などはホルモン補充療法が受けられないのに対し、漢方療法は対応できるという特徴もあるのです。

副作用は少なく、効果が長く続く

漢方薬は、自分の症状に合ったものを服用する必要があります。 漢方薬には数多くの種類があるため、きちんと医療機関で診察を受けて、その症状に合った漢方薬を処方してもらうようにしましょう。

また、大量に飲み過ぎてしまうと副作用が現れる可能性もあるため、いくら漢方薬は安全性が高いと言っても医師の指示は守って服用することが大切です。

漢方薬の場合は、ホルモン補充療法に比べると効果が実感できるまでに時間が掛かってしまいますが、 自分の症状に合った漢方薬を服用することができるため、飲んでいるうちに効果が実感できることでしょう。

更年期の症状は人それぞれです。体の冷え・イライラ・ほてり・不眠・疲れやすい・だるさなどの悩みがありますので、 その症状を「気」「水」「血」といった生体エネルギーから考えて、体のバランスを保つ漢方療法も更年期障害の治療には効果的なのです。



スポンサード リンク

このページの先頭へ