イメージ画像


HRTが受けられない人

ホルモン補充療法(HRT)は、更年期のつらい症状の解消に非常に効果がありますが、なかには受けられない人もいます。

  1. 乳がん、子宮体がんの治療中、もしくはかかったことのある人
  2. 血栓症、塞栓症にかかったことのある人
  3. 心不全、腎不全にかかったことのある人
  4. 動脈硬化が進んでいる人
  5. 肝機能障害がある人
  6. 原因不明の不正性器出血がある人

乳がんや子宮体がんについては、エストロゲンががん細胞に強く作用して、がん細胞を増殖する働きがあります。

一方、子宮頸がんや卵巣がんの場合は、治療後5年以上経過し、がんが治癒したものであれば、HRTが適応されることもあります。

主治医とよく相談して、ケースバイケースで判断されます。

HRTを避けたほうがよい人

HRTを受けるときに注意が必要な人もいます。場合によっては避けたほうがよいと判断されます。

  1. 子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症にかかったことのある人
  2. 高血圧症で降圧剤を服用中の人
  3. 糖尿病でインスリンを使っている人
  4. 喫煙している人

糖尿病や高血圧症、乳腺症などの病気がある人は、医師の十分な管理のもとで治療をすすめていく必要があります。

HRTが受けられない人は、漢方療法やカウンセリングなどの方法もありますので、 主治医と相談して自分が納得して決めていきましょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ