イメージ画像

更年期障害の治療法

  • どんな治療法があるか・・・更年期の症状を改善するには、ホルモン補充療法を中心とする「薬物療法」と、カウンセリングを中心とする「精神療法」の2つが行われます。自分でライフスタイルを変えて、取り巻く環境を良くする努力も必要です。
  • ホルモン補充療法(HRT)とは・・・ホルモン補充療法は、減少したエストロゲンを補うことで、更年期のホルモンの急激な減少をなだらかにします。つらい症状から開放され、性交痛や頻尿の改善、アンチエイジング効果など、多くのメリットが得られます。
  • ホルモン補充療法の副作用・・・ホルモン補充療法の副作用については、乳がんや子宮体がんの発症を心配する人が多いようです。しかし、発症率が高まるという報告はなく、必ず定期検診を行うので、病気の早期発見が可能です。むくみ、イライラ、おなかの張り、吐き気などの症状については、医師と相談しながら解決していきましょう。
  • HRTが受けられない人・・・なかにはホルモン補充療法(HRT)が受けられない人や、避けたほうがよい人もいます。ケースバイケースで適応されることもありますので、主治医とよく相談して納得してから決めましょう。
  • 漢方療法の特徴と効果・・・ホルモンバランスの乱れや自律神経の失調による更年期特有の不調は、漢方療法が得意としています。全身の状態を整えて、からだの不調に対する調整力を高めていきます。副作用が少なく、ホルモン補充療法が受けられない人にも対応できるメリットがあります。
  • 症状別おすすめ漢方薬・・・更年期の症状に合わせたおすすめの漢方薬を紹介します。市販されていますが、よくわからないときは薬剤師に相談しましょう。
  • 漢方Q&A・・・漢方を使用するにあたってよくある質問をQ&A形式で紹介しています。疑問は全て解決しておきましょう。
  • 心の不調はカウンセリングで対処・・・更年期には、からだの変化だけでなく、心の不調も起こりやすくなります。精神的につらい場合は、カウンセリングを受けることで改善されることも少なくありませんので、精神科や心療内科を受診しましょう。
  • 更年期の症状と間違えやすい心の病気・・・更年期による症状と間違われやすい精神疾患もあります。うつ病や心身症、神経症性障害があります。精神疾患は専門医による治療を受けることが大切です。
  • 心の症状の主な薬物療法・・・更年期に現れる心の症状を改善するには、向精神薬(抗不安薬、抗うつ薬、睡眠薬)による薬物療法も用いられます。人によっては副作用が現れますが、医師の指示にしたがって服用すれば心配ありません。
  • 心の病気Q&A・・・心の病気についてのよくある質問をQ&A形式で紹介しています。疑問は全て解決しておきましょう。

このページの先頭へ