イメージ画像


中高年の女性に多い乳がん

乳腺組織に発生するがんのことを乳がんと言いますが、乳管がんと小葉がんという2種類があります。

乳がんは若い女性がかかることもありますが、40歳以上の女性がかかることも多いですから、更年期の方も決して安心できません。 日本女性の30人に1人はかかるとも言われています。

乳がん検診は病院で受けることもできますし、簡単に自分でチェックすることもできます。

自分の乳房を鏡で見て両腕を上げたり下げたりした時に、乳房にくぼみが出来たり、触った時にしこりがあるようでしたら、 一度きちんと検査を受けた方が良いでしょう。

バストが大きい方は、寝たまま触った方が分かりやすいですね。 乳房はもちろんですが、脇の下にしこりが出来ていることもありますので、チェックしてみてください。

乳腺外科、女性外来で検査を受けよう

病院での乳がん検診の方法はいくつかあります。 代表的なのがマンモグラフィー(X線撮影)ですが、これは乳腺専用のレントゲンになります。乳房を挟み込み、乳腺の状態を撮影する必要があるため、痛みを伴います。

しかし、マンモグラフィーを利用することによって、しこりがあった場合は映し出されることになるため、判断しやすいのです。

その他には、触診や超音波検査という方法もあります。乳房に超音波の機器を当てることにより、 モニターに乳房内部の様子が映し出されるため、判断しやすく痛みも無いという特徴があります。

最近では、超音波の性能が高まっているため、しこりの状態も確認しやすくなりました。

乳がん検診というと、痛いから避けたいという女性もいるでしょうが、超音波検査の場合はそのような心配もありません。

また、過去に受けたことがある方も、いつ発症するか分かりませんから、定期的に自己検診をしたり、医療機関で乳がん検診を受けることをおすすめします。



スポンサード リンク

このページの先頭へ