イメージ画像


子宮頸がんと子宮体がん

更年期に気を付けた方がよい病気の1つに子宮がんがあります。 子宮がんには、子宮頸管にできる「子宮頸がん」と、子宮体部にできる「子宮体がん」の2種類があります。

子宮頸がんは若い女性に発症することも多いですが、更年期である50代に起こることもあると言われています。 その上、子宮頸がんは子宮がんのおよそ70%を占めているという特徴もあります。

ただし、女性ホルモンのエストロゲンの影響を受けるのは、子宮体がんのほうです。

また、子宮体がんの人にエストロゲン剤を投与すると、がん細胞が増殖する可能性があるため、ホルモン補充療法(HRT)を行うことができません。

このような理由から、婦人科の検査では、必ず子宮の状態を調べます。

がんの早期発見のために検診を

最近は、子宮がん検診を受ける方が増えているため、中高年の子宮頸がんでの死亡率が低下していると言われています。

子宮がん検診はどのようなことを行うのかというと、子宮頚部の細胞を採取し、顕微鏡で細胞を確認します。これを、子宮頚部細胞診と言います。

細胞を採取する際には、専用器具などを使用するのですが、ほとんど痛みはありませんので安心してください。 数分間で採取することができ、後は検査結果を待つだけです。

検査結果は、1週間ほどで出るのですが、万が一異常があった場合は再検査という流れになります。 再検査となった場合は、更に詳しい検査を行い、子宮頸がんなのかどうかを調べることになります。

子宮体がんの場合は、子宮内膜細胞診という検査やエコーを利用した検査が一般的です。 子宮内膜を採取する必要があるため、子宮頸がん検診とは異なり、痛みや出血を伴うこともあります。

どちらの検査も婦人科で受けることができますので、早期発見をするためにも、定期的に子宮がん検診を受けることが大切です。



スポンサード リンク

このページの先頭へ