イメージ画像


ホルモン濃度から判断できる

医師の問診 更年期障害は、病院で検査することができます。検査方法もいくつかありますが、その代表的な方法が血液検査です。

更年期障害の原因は、ホルモンバランスの乱れと言われていますが、 血液検査をすることにより、血液の中に存在するホルモン濃度を調べることができるのです。

ホルモン濃度により、更年期障害が起こっているのかどうかを知ることができます。

更年期のホルモン濃度の基準がありますので、その基準と照らし合わせることにより、簡単に判断することができます。

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少した場合、卵胞刺激ホルモンが上昇するという特徴があるのですが、 このような状態かどうか知ることにより、閉経が近いのかどうかも判明します。

また、血液を調べることにより、生活習慣病かどうかを知ることができる場合もあります。

一度は血液検査を受けよう

血液検査をすることにより、いくつかの情報を得ることができますし、 何よりも簡単に更年期障害かどうかを判断することができるのです。

更年期障害かどうか分からないと悩んでいると、それがストレスになり、更に症状を悪化させる可能性もあるため、 一度は更年期障害の検査である血液検査を受けてみると良いかもしれませんね。

万が一更年期障害だったとしても、今後どのような生活習慣を送れば良いのか、どのように治療すれば良いのか、 医師のアドバイスを受けることができるでしょうから、症状の緩和にも繋がるでしょう。

今は症状が現れていなかったとしても、いつ更年期障害になるかは分かりませんので、 このような検査方法があることを把握しておくと役立つかもしれませんよ。



スポンサード リンク

このページの先頭へ