イメージ画像


繰り返し起こる頭痛

頭痛 更年期に頭痛や頭が重いという症状で悩まされる方もいます。

一日のうちに何度も起こったり、数日おいてまた起こったりと、反復性が特徴です。

頭痛の原因はいくつか考えられますが、更年期になると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少し、 自律神経のバランスが乱れてしまうことが原因とされます。

頭痛だけで病院を受診する方は少ないかもしれませんが、頭痛は必ずしも更年期によって起こっているとは限りません。

くも膜下出血や脳腫瘍などの、脳神経系の病気から頭痛が起こっている可能性もありますので、あまりにも頭痛がひどい場合には受診をした方が良いでしょう。

ストレッチや入浴で筋肉のこりをほぐす

病院で更年期によって頭痛が起こっていると判断された場合は、症状を緩和するために、漢方薬を利用したり、ホルモンを補う治療を行ったりすることがあります。

また、頭痛を我慢するのは辛いでしょうから、自分でできる頭痛対策もありますので、実践してみると良いでしょう。

肩こりやストレスから頭痛が起こることもあるため、ゆっくりとお風呂に入るようにすると、肩こりやストレス解消に繋がる場合があります。 体の血行を良くしたり、筋肉をほぐしたりすると、体が楽になって頭も軽くなるのではないでしょうか。

普段湯船に浸からないという方も、頭痛を改善するために、なるべく湯船に浸かる習慣をつけてみてくださいね。

長時間同じ姿勢でいると、筋肉が固まってしまいます。仕事の関係で避けられない方もいるでしょうが、なるべく定期的に体を動かすようにして、コリをほぐしましょう。

また、デスクワークの方は、眼精疲労が原因で頭痛が起こる場合もあります。1時間に1回は目を休めるように心がけて、眼精疲労を解消させましょう。

このように、多くの対策法がありますので、自分に最も効果がありそうなものを実践してみてはいかがでしょうか。



スポンサード リンク

このページの先頭へ