イメージ画像


次々と違った症状が出てくる

更年期の症状 更年期障害には、様々な症状があります。
人によって現れる症状は異なりますし、日によって現れる症状が変化することもあるのです。

ですから、毎日様々な症状で悩まされることにより、精神的なダメージを受けるというのも更年期障害の特徴でもあります。

更年期障害の症状として、頭痛・耳鳴り・のぼせ・肩こり・腰痛・冷え・息切れ・めまいなどがありますが、 たとえば頭痛が起きていたかと思えば、翌日はめまいで悩まされることもあります。

必ず毎日症状が現れるとも限らず、症状が治まったかと思えば、翌日はひどい症状で悩まされることもあるでしょう。

このような毎日が続くのは、誰もが辛いと感じてしまいますよね。
これが更年期障害の特徴なのです。

無理をしないことが大切

全ての原因は女性ホルモンの分泌量の減少にあります。→ 女性ホルモン(エストロゲン)の低下

女性ホルモンは全身に影響を及ぼすものですから、様々な症状が現れるのですが、 あまりにも症状がひどいようであれば、受診をした方が良いでしょう。

ホルモンバランスが整えば、当然どのような症状も改善されやすくなりますので、悩まされることが少なくなると思います。

あまり悩み過ぎると、イライラしたり落ち込んだり・・・といった精神的な症状も現れてしまうため、 更年期障害の症状が現れたとしてもあまり考えすぎずに、翌日は症状が和らぐかもしれないと気楽に考えられると良いですね。

ついつい悪い方向に考えてしまいがちですが、更年期障害には治療法や対策法がいくつかありますので、 その中から自分に合った方法を選んでみましょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ