イメージ画像


唾液の量が少なくなると口内のトラブルが多発

口 更年期になると口内のトラブルも増えてきます。 以下のような症状がある人は専門外来を受診しましょう。

  • 口が乾く
  • つばが出ない
  • 舌がヒリヒリ痛む
  • 口の中がネバネバする
  • 味がよくわからない
  • 虫歯が増えた
  • 口臭が気になる

これは唾液の分泌量が減少したことで口の中が乾いてしまう「ドライマウス」です。
唾液の量が少なくなると、口が乾いて歯と舌がこすれて傷ができてしまいます。
また、食べ物が飲み込みにくくなったり、口の中がネバネバして話しづらくなります。

さらに、唾液には細菌の繁殖を防ぐ殺菌・洗浄作用があるので、 ドライマウスになると、口臭が気になり始めたり、虫歯や歯周病にもかかりやすくなります。

唾液は年齢とともに分泌量が減りますが、更年期には女性ホルモンの減少で、さらに口の中が乾きやすくなっているのです。

口腔乾燥外来を受診しよう

ドライマウスの治療は、最寄りの歯科医院を訪ねてみるとよいでしょう。 最近では、歯科口腔外科にドライマウスの専門外来である口腔乾燥外来を設ける施設も増えてきました。 どうしても見つからない場合は、ネットで検索して調べてみましょう。

ただしドライマウスは、糖尿病や甲状腺の病気、膠原病の一種であるシェーグレン症候群などが原因で起こっている場合もあります。 疑いがあるときは検査を受けて、先にその病気を治療しなければなりません。

日常生活のケアとしては、たばこを吸っている人はまず禁煙することが第一歩です。 たばこに含まれるニコチンが口の中の粘膜を荒らす原因になります。

ストレスが多い不規則な生活を送っていると、唾液の分泌量が低下することがわかっています。
うまくストレスを解消して緊張をほぐすとともに、規則正しい生活のために見直しをしましょう。

なお、ドライマウスの人は、歯を磨いていても虫歯や歯周病になりやすいので、 定期的に歯科医院で歯石の除去をしてもらいましょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ