イメージ画像


皮膚がかさかさしてかゆくなる

更年期になると、皮膚の乾燥やかゆみといった症状も多くなります。 その原因はやはり、女性ホルモンであるエストロゲンの減少です。 皮膚の張りを保っていたコラーゲンやエラスチンといった繊維組織が減るために、皮膚の弾力性が失われるのです。

とくに乾燥が進む冬には症状が悪化しやすいので注意が必要です。 皮膚の乾燥には、クリームや尿素入りの軟膏で水分を補いましょう。 かゆみには、医師の指示に従って副腎皮質ホルモンが配合された軟膏を使うと効果的です。

ただし、乾燥やかゆみは、腎臓病や糖尿病、肝臓疾患、甲状腺機能障害などでも起こる場合があります。 念のため検査で病気がないかチェックしてみましょう。

しみ・たるみが目立つようになる

また、皮膚の潤いを保つための水分や脂肪を補給する皮脂腺の働きも低下するため、 お肌のしみ・しわ・たるみといった症状も目立つようになります。

目に見える症状なので、とくに女性にとっては美容上の大きな問題となります。 だんだんと外出する機会が減り、引きこもりがちになる方もいます。

日常のケアとしては、まずは十分な睡眠とバランスのよい食事・規則正しい生活を心がけましょう。 加齢によるお肌の老化はどうしても避けることはできませんが、コンディションを整えることで健康な肌を保つことはできます。

スキンケアは、洗顔をして皮膚を清潔に保つこと、保湿液を使って乾燥を防ぐことが重要です。 化粧品は時々かえて用いたほうが、有効成分の馴れが出にくくなって効果的です。

紫外線の予防も忘れてはなりません。 外出時に必要なアイテムとしては、帽子、日傘、UVカット化粧品などがあります。 晴れた日に対策するのはもちろんですが、曇りや雨の日にも紫外線は降り注いでいるので注意しましょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ