イメージ画像


トイレが近くなって、痛みが出る場合も

更年期に入ると、尿があまりたまっていないのに尿意を感じるようになり、ひんぱんにトイレに行くようになる人が増えてきます。 このような「頻尿」は、女性ホルモンの減少で、膀胱や尿道の粘膜が薄くなったり、過敏になったりすることが原因で起こります。

トイレが近いというだけならそれほど問題はありませんが、 何度もトイレに通うことで、睡眠不足を引き起こしやすくなります。 また、外出もままならない状態になる場合があり、こうなると日常生活に支障をきたすので、婦人科を受診しましょう。

また、頻尿に加えて、排尿時の痛みや残尿感がある場合は膀胱炎が疑われます。 この場合は泌尿器科を受診して、抗生物質を服用したり、ホルモン補充療法や漢方薬による治療が行われます。

女性は男性に比べて尿道が短く、尿道の入り口と肛門が近いため、細菌が膀胱に入り込みやすいといえます。 さらに便秘がちの人は、大腸菌が肛門の周りに出てきて、尿道に侵入しやすいので、膀胱炎にかかりやすくなります。 便秘対策にも気を配りましょう。

外出前は水分を控えよう

外出時に何度もトイレに行くことがないよう、まずは水分を少し控えておきましょう。 尿意を感じてトイレに立ち寄ることも頭に入れておき、余裕のあるスケジュールを組むようにします。 施設に着いたら、あらかじめトイレの場所を確認しておくと安心できます。

夜にはたびたびトイレのために起きるので、転んだりすることがないように、手すりをつけておくなどの安全対策が必要です。 頻尿は冷え症の人にも多くみられますので、寝る前にゆっくり入浴して足腰を温めておくとよいでしょう。

なお、膀胱炎になると排尿痛があるため、トイレをがまんするようになります。 これは膀胱内の菌の繁殖を促し、症状が悪化する原因になりますので、尿意をがまんしないことも大切です。



スポンサード リンク

このページの先頭へ