イメージ画像


膣炎を起こしていることも

悪露 女性ホルモンの分泌が盛んな排卵期や生理前にはおりものの量が増えますが、 更年期から閉経後は、女性ホルモンが減少するので、おりものは減っていきます。

しかし、閉経後にもおりものが増えたり、血液がまじったり、色やニオイも気になる場合は、 何らかの異常が起こっている可能性があります。

更年期以降の女性がかかりやすいのは、萎縮性腟炎という病気です。
これは、更年期を迎えて、卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減ることで、 膣内の自浄作用が低下して細菌に感染することが原因です。

おりものは黄白色の膿状で、少量の血がまじることもあります。 異常を確認したらすぐに婦人科を受診しましょう。 婦人科では、綿棒で膣から粘液を採取する簡単な検査で診断してもらいます。

まれに子宮がんが見つかるケースもあるので、女性は必ず定期検診を受けましょう。

清潔を保って感染を予防しよう

閉経後は膣内に侵入してくる細菌を殺してくれる分泌物が減るため、細菌感染を引き起こしやすくなります。 感染を防ぐためには、外陰部を清潔に保つことを心がけましょう。 下着が汚れたらこまめに取り替えたり、トイレに座るときは消毒するようにしましょう。

ただし、携帯用ビデなどで膣内を洗いすぎると、膣の自浄作用を弱めてしまうので、 ウォシュレットを軽く使う程度にしましょう。

また、市販のおりものシートを使用している人も多いですが、長時間使うと肌がかぶれる場合もありますので注意してください。



スポンサード リンク

このページの先頭へ