イメージ画像


下着でこすれて出血することも

夫婦 更年期に入って閉経が近くなると、女性ホルモンの減少によって、皮膚が乾いた状態になります。

これは膣も同様で、本来は性的に興奮すると、膣壁のバルトリン腺から分泌液が出て潤いますが、 この分泌液も減ってくるので、膣内部が乾燥した状態になります。

さらには、大陰唇や小陰唇などの外性器が萎縮していき、薄く小さくなります。

膣の乾燥をとくに意識するようになるのは性交時です。 かゆみを感じたり、痛みが出て出血するといったトラブルが起こるようになります。 性病ではないかと悩んだり、性交痛のせいで女性は大きな負担を感じることが多くなります。

一方で、これらの問題は人になかなか相談しにくいので、ひとりで悩んでいるというケースも多いようです。 がまんをしないで早めに婦人科の医師に相談することがたいせつです。

痛みを和らげる工夫をしよう

有効な治療には、HRT(ホルモン補充療法)や漢方療法があります。 ほかに更年期症状がなく、症状が膣部に限られている場合は、内服薬ではなく、膣座薬が用いられることもあります。

膣座薬を使うと、膣の入り口や粘膜に潤いが出てきて、男性器の挿入がスムーズになって性交痛がなくなります。 男性はこうした女性の痛みを感じることができないので、前もって説明し理解してもらいましょう。

また、潤滑ゼリーを使用して、性器の挿入をスムーズにする方法もあります。 薬局でも入手できますが、婦人科を受診すれば処方してもらえます。

ほかには、細菌感染に気をつけましょう。これは女性ホルモンの減少によって、膣内の抵抗力が弱くなってくるためです。 外陰部を清潔に保つように心がけます。排便時は、前から後ろにかけてふく習慣をつけるとよいでしょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ