イメージ画像


浮動性めまいが起きやすい

めまい,立ちくらみ 更年期障害の症状の1つとして、めまい・立ちくらみがあります。

めまいは、もともと女性に多い症状で、月経の時に貧血でめまいが現れることもあるかもしれません。

ただ、更年期に月経では無いにも関わらず、頻繁にめまいや立ちくらみといった症状が現れる場合は、更年期障害によるものかもしれません。

めまいには2種類あります。まず1つめが「回転性めまい」というもので、まるで天井などが回転しているように感じるめまいのことを言います。

そして2つめが「浮動性めまい」であり、足元が安定しない、からだが宙に浮いているようなめまいのことを言います。

更年期の場合は、浮動性めまいが起きやすいと言われていますので、もしめまいで悩まされているようでしたら、自分はどのようなタイプなのか考えてみてください。

体調や精神状態を良好に保つ

なぜめまいや立ちくらみの症状が現れるのかというと、更年期による不眠、疲労の蓄積、ストレスなどが挙げられます。 このような症状も更年期に現れるものであり、そこから自律神経のバランスの乱れによって、めまいという症状が起こりやすくなるのです。

また、ホルモンバランスの乱れによって、脳の血液の流れが悪化することにより、このような症状が起こることもあります。

まず、めまいや立ちくらみが起こった時には、横になったり座ったりして、安静にして過ごしてください。 そうすると徐々に症状は回復してくると思います。

しかし、これは症状が現れた時の一時的な対処法ですから、本格的な治療も必要です。 精神面が影響しているのであれば、精神安定剤を服用したり、不眠が原因であれば睡眠薬などを使う方法もあります。

なお、めまいとともに、吐き気や耳鳴りなどがある場合は、メニエール病の可能性も考えられます。 耳鼻科やめまい外来を受診するとよいでしょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ