イメージ画像


物忘れが繰り返されるようになる

記憶力低下,物忘れ 年齢を重ねるにつれて、忘れっぽくなってくることもあるでしょうが、もしかするとそれは更年期障害の症状かもしれません。 更年期になると、記憶力や集中力が低下してしまうと言われているのです。

もちろん、誰にでもたまに物事を忘れてしまうということはありますので、必ずしも更年期による症状とは言えませんが、 あまりにも頻繁に起こっているようであれば、受診した方が良いかもしれませんね。

更年期になると、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうのですが、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減ると、 脳の血液循環が悪化してしまい、記憶力の低下に繋がると言われているのです。

ですから、更年期になったことによって、徐々に記憶力や集中力が低下してしまうことも珍しくありません。

頭の体操をしよう

更年期障害の記憶力・集中力の低下を放っておくと、認知症に繋がる場合もあります。 認知症は高齢になるにつれて罹る人が多いものですよね。

認知症になってしまうと、更に症状が進行してしまい、日常生活を送るのが困難になる可能性もあります。 ですから、早めに気づいて対処する必要があります。

ただ忘れっぽいだけだと思い、そのまま長年の間治療をせずにいると、いつの間にか認知症になってしまうかもしれません。

手先を動かすことが頭の働きをよくしてくれますので、パソコンやメールの文字の打ち込み、ピアノの演奏、折り紙などが効果的です。

また、病院にてホルモン補充を行う治療を受けて、記憶力が回復したという人も少なくありません。 ホルモンを補うことができれば、脳に影響を及ぼすのを防ぐことができますので、症状も徐々に改善していきます。



スポンサード リンク

このページの先頭へ