イメージ画像


手足の皮膚がピリピリするようになる

手足のしびれ,こわばり 更年期には、手足のしびれ・こわばり(皮膚の感覚異常)が気になることもあります。

もし、上手く手足を動かすことができなかったり、しびれるような変な感覚があるのであれば、 それは更年期障害によるものかもしれません。

物を持った時に、上手く掴めずに落としてしまうことが多い場合は、手がこわばっている可能性があります。

なぜこのような症状が現れるのかというと、女性ホルモンであるエストロゲンが減少したことが原因です。

高齢になると、皮膚のハリが失われて、皮膚が薄くなります。 皮膚の水分も失われ、乾燥するため、皮膚が刺激に対して敏感に反応し、しびれなどの症状が現れることがあります。

皮膚の感覚が麻痺したり、異常を起こしたりするのは、自律神経のバランスの乱れが原因でもあります。 家事など、日常生活に不便をきたしますので、悩みも深刻になります。

しびれはこうして治療する

しびれやこわばりが気になるのであれば、ビタミンEやビタミンCなどを積極的に摂取して、血行を促進したり、ホルモン代謝を促進することが効果的です。

また、血行を促進するために手足のマッサージをするのも効果的です。 しびれを感じている時にマッサージをするだけでも、症状が緩和されるでしょう。

ハンドクリームなどを使用すると、皮膚に油分、水分を与えることもできますので、非常におすすめです。

もしそれでも症状が緩和されないようであれば、神経内科や整形外科などを受診すると良いですね。 婦人科でも対応してもらうことができます。漢方薬や自律神経調整剤を服用して症状が緩和される場合もあります。

なお、しびれや麻痺は、頚椎や腰椎の変形から起こっていたり、膠原病や関節リウマチなどが原因で、 手足のこわばりが起こっていることもあるので注意してください。



スポンサード リンク

このページの先頭へ