イメージ画像


感情が入り混じって不安感に

気分の落ち込み,不安感,更年期症状 更年期の時には、精神的に不安定な状態になってしまうことがあります。 だからこそ、気分の落ち込みや不安感といった症状に繋がることがあるのです。

更年期になると、自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症になってしまうことがあります。

そうすると、精神面に悪影響を及ぼしてしまい、気分が落ち込みやすくなってしまったり、不安感を抱くようになるのです。

もちろん、若い方でも気分が落ち込んでしまうことはあるでしょうが、 更年期になると、子供も成長をして、心配することが増えたり、仕事などの忙しさから余計に精神的に負担が掛かってしまう可能性があります。

もしかすると、うつ病などの心の病に罹っている可能性もありますので、そのような状態が続くようであれば、精神科などを受診する方法もあります。

うつ病などは自分で気づきにくいため、周囲の人から指摘されるようなことがあれば、思い切って受診してみてはいかがでしょうか。

ありのままの自分を認めよう

気分が落ち込んでいたり、不安感で悩まされているようであれば、まず自分を認めることから始めましょう。

向上心があるのは大切なことですが、あまりにも高い目標を掲げてしまうと、その目標が達成できないために辛い思いをすることが多くなります。

自分ができることには限界がありますので、あまり目標を高く設定せずに、今の自分に満足するようにしましょう。

また、周囲に頼ることも大切です。家事が大変な時は子供や旦那さんに頼ったりしてみても良いですね。 そうすることで、不安感などが解消されるかもしれませんよ。



スポンサード リンク

このページの先頭へ