イメージ画像


疲れがなかなかとれない

疲労感,倦怠感,更年期症状 更年期には慢性的な疲労感・倦怠感で悩まされることもあります。

およそ7割もの更年期の女性が、このような症状で悩まされたとも言われていますので、 疲労感・倦怠感の症状が現れたことに不安感を抱く必要は無いでしょう。

人によっては、疲労感や倦怠感から、うつ状態にまで陥ってしまう場合もありますので、それを防ぐためには、精神面を安定させることが大切です。

更年期になると、自律神経のバランスが乱れやすくなるのですが、 その状態で体力的にも精神的にも無理をすると、疲労感や倦怠感といった更年期障害の症状が現れやすくなります。

このような症状が現れた時には、仕事などを無理せずに、ゆっくりと休む時間を作りましょう。
たまには人に頼ってみる、相談してみるということでも良いですね。

焦らずゆっくりのペースで乗り切ろう

一人で抱え込み、一人で悩むことが症状の悪化に繋がります。焦るのは一番よくありません。

たまには休みの日に何もせずに過ごしてみたり、ウォーキングをしてみるのも良いでしょう。 それだけでも気分がすっきりとして、疲労感などが解消される可能性があります。

仕事も家事も、1日にこなす量は少なめにして、ゆとりをもたせるように計画を立てましょう。 こまめに休むことを心がければ、気持ちも楽になります。

それでも症状が改善されない場合は、婦人科を受診して治療をすることもできます。

自律神経のバランスを正常に戻すために、自律神経調整剤というものもありますし、 漢方薬を利用したり、精神安定剤を利用する方法もあります。

症状が悪化してからでは、改善するまでに時間が掛かってしまう可能性がありますので、 あまりにも症状が気になるのであれば、一度受診をしてみましょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ