イメージ画像


エストロゲン不足から起こる更年期症状

更年期障害は、女性ホルモンのバランスの乱れから起こると言われています。 更年期になると、体にとって卵巣が必要なくなるため、自然と卵巣が衰えて閉経を迎えるようになります。

卵巣機能が衰えることにより、女性の体内では、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減少することになります。

エストロゲンの分泌量が減少をすると、脳はエストロゲンを分泌するために、体に対してエストロゲンを分泌する指示を出します。 なんとかエストロゲンの減少に対応しようとするのですね。

しかし、卵巣の機能自体が衰えているわけですから、いくら脳が指令を出したとしても、エストロゲンを分泌することはできません。

脳から指令が出ているにも関わらずホルモンが分泌されないとなると、体はどうすれば良いのか分からなくなり、 自律神経のバランスが乱れてしまうことがあります。

脳の司令塔である視床下部という部分は自律神経を司っているため、自律神経のバランスが乱れやすいのです。

女性ホルモンを補うことが大切

このようなことから、自律神経のバランスの乱れが更年期障害に繋がります。
つまり、女性ホルモンの分泌が減少することが、更年期障害の直接的な原因なのですね。

閉経を迎えるにあたって、必ず女性ホルモンの分泌量は減少するものですが、 女性ホルモンを何らかの形で補うことにより、更年期障害を防ぐことができます。

だからこそ、全ての女性が更年期障害で悩まされるわけではないのです。 女性ホルモンのバランスが乱れると、月経不順を引き起こしますから、それをサインだと感じとり、ホルモンを補うことが更年期障害の予防に繋がるでしょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ