イメージ画像


女性ホルモンの分泌のしくみ

更年期障害は、女性の体の変化が原因で起こっています。

女性には卵巣がありますよね。女性ホルモンは卵巣から分泌されているのですが、生まれた時から卵巣は成熟した状態ではありません。

年齢を重ねて初潮を迎えるあたりで女性ホルモンが分泌されるようになります。それから卵巣機能が徐々に備わっていき、女性ホルモンの分泌量も増えていきます。

女性ホルモンが正常に分泌されるようになると、女性は妊娠・出産できる状態になるのです。

しかし、女性はいつまでも妊娠できる状態ではありません。ある程度の年齢になると、徐々に卵巣機能が衰えて女性ホルモンの分泌量が減ってくるのです。

女性ホルモンが減少してくると・・

ある程度の年齢というのは個人差がありますが、多くの人は40代で起こるようになり、女性ホルモンの分泌量が減ることによって、更年期障害の症状が現れるのです。

女性の体の中では閉経の準備をするために、卵巣機能が衰え、女性ホルモンの分泌量が減少するようになっています。

これは自然な体の変化になるのですが、女性ホルモンは体にとって大切なものでもあるため、様々な部分に影響を与えてしまうのですね。

全ての女性の体内では、40代頃にこのような変化が起こっているのですが、 女性ホルモンの分泌量の減少に対して体が慣れると、更年期障害の症状が徐々に治まってきます。

体が慣れるまでの期間は人によって異なりますが、漢方薬を利用してホルモンの減少に体が慣れるように促す方法もあります。

このような女性特有の体の変化が、更年期障害を引き起こしているのですね。



スポンサード リンク

このページの先頭へ