イメージ画像


月経不順が目安になります

月経不順 更年期はいつ頃から始まるものなのか不安に思っている女性は多いでしょう。

更年期というのは、大体45歳頃だと言われていますが、個人差がありますので、必ずしもこの頃とは限りません。

更年期のサインとして、月経不順があります。 大体50歳前後に閉経することが多いのですが、閉経前には月経不順が起こるようになります。

今まで月経が正常に来ていた方も、年齢を重ねるにつれて、月経周期が乱れ、今までの月経周期よりも遅くなったり早くなったりします。

また、月経の日数も、短いこともあれば長いこともある・・・といったように、バラつきが出てくるのです。 月経の出血量にも変化が見られる場合があります。

毎月のように、月経不順が続くようであれば、閉経が近いと言えるでしょう。

閉経の傾向としては、月経の周期が乱れ、徐々に月経周期が遅れるようになり、いつの間にか月経が来なくなる方が多いようですね。

そして、月経不順が続くということは、更年期のサインでもありますので、月経不順を1つの判断基準にすると良いでしょう。

子宮がん検診も受けていくと安心

更年期障害は、ホルモンバランスの乱れが原因で、体に様々な症状が現れるようになります。
月経不順も同じく、ホルモンバランスが乱れることにより、月経の周期が乱れてしまうものなのです。

更年期が近くなると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減るため、月経不順につながるのです。

このように、月経不順が更年期のサインだと言われているのには、きちんとした理由があります。

ですから、月経不順が起こっているようであれば、そろそろ更年期になるということを頭に入れておくと良いでしょう。

なお、月経不順による出血だと思っていたら、その背後に子宮がんや子宮筋腫などの、婦人科の病気が隠れていたという場合もあります。 年に一度は婦人科を受診して、子宮がんの検診を受けるようにするとよいでしょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ