イメージ画像


女性ならすべての人が通る変化

更年期 更年期とは、40代後半から50代前半のことを指しており、大体閉経の前後10年のことを言います。

更年期には様々な体の不調が現れやすいと言われていますが、そのような症状のことを更年期障害と言います。

更年期の女性の多くは更年期障害で悩まされると言われているため、決して珍しいことではありません。

また、必ずしもこの年代の方に更年期障害が起こるのではなく、中には30代でも更年期障害で悩まされる方もいるのです。

更年期になると、女性の体の中では閉経に向けての準備が行われることになります。 高齢になると卵巣が必要無くなるため、卵巣機能が衰えて女性ホルモンの分泌量が減少するのですね。

そうすると、生理不順を引き起こすことになるのですが、これはあくまで閉経に向けての準備ですから、気にする必要はありません。 大切なのは、更年期障害の症状です。

気になる症状があればすぐに相談しよう

必ずしも全員が更年期障害になるわけではありませんが、多くの女性が悩まされており、自分でその症状に気付いていないこともあります。

体のトラブルだけでなく、精神的なトラブルが発生することもありますので、注意しなければなりません。

年齢を重ねるにつれて、体も衰えてきますし、精神的にも負担が大きくなると、更年期障害の症状も現れやすくなってしまいます。

非常に辛い時期かもしれませんが、誰もが更年期を経験するものですから、あまり考え込まずに、気になる症状があるのであれば、まずは家族や友人に相談してみると良いでしょう。

そうすると、気分が楽になるかもしれませんね。



スポンサード リンク

このページの先頭へ